あきはクリニック

Tel.0250-47-8727|Fax.0250-47-8728

乳腺診療

乳腺の超音波検査

マンモグラフィと超音波

マンモグラフィ(乳房のX線検査)と乳腺エコー(乳腺超音波検査)は検査として優劣があるわけ
ではなく、検出するのを得意とする病変に違いがあるため、併用する検診が勧められています。
日本人の乳がん好発年齢40~50歳代の7割はデンスブレスト(高濃度乳房)と言われており、
このような場合は乳腺エコーが有用です。
さらに乳腺エコーでは、マンモグラフィに伴う痛みや被ばくがないことも大きな利点です。
マンモグラフィは主に集団検診(一次検診)として用いられ、その後の精密検査(二次検診)には乳腺エコーが用いられています。

女性スタッフが高機能機種を使って行います

乳腺エコーは女性検査技師が担当するので、質問や相談も気軽にできます。
また検査は高画質で、エラストグラフィ(組織の硬さを調べ、がんを発見しやすくする機能)を搭載した高性能機種を使用して行います。

受診から検査まで

予約は不要ですが、9:00~17:00(水・土曜は9:00~12:30)の間にお越しください。
年齢や食事の制約はありません。上下に分かれる楽な服装でおいでください。
超音波検査専用の診察室でプライバシーに十分配慮し検査いたします。
上半身の衣服を脱衣いただき、乳房にゼリーを塗り、プローブという装置を当てて検査します。検査は、痛みも被ばくもなく約10分で終了します。
検査後、医師が結果説明をいたします。

よくある病気

【乳がん】
乳腺にできる悪性の腫瘍です。診断がついたら専門病院へご紹介します。手術後は乳がん連携パスに従い、病院と連携し当院で経過を診させていただきます。

【線維腺腫】
良性なので多くは心配ありません。大きいものや増大傾向があるものは経過観察、針生検、
切除も考慮されます。

【乳腺膿瘍】
乳腺に膿がたまる病気です。授乳期に多く、強い痛み、しこり、発熱、悪寒などを伴います。
切開し膿を出すのが原則ですが、当院では注射針で膿を吸い出す治療も行っています。

【乳輪下膿瘍】
若い女性の陥没乳頭に多く、乳輪近くに小さな膿瘍や難治性のろう孔(トンネル)を形成します。

「月に一度は自己検診、年に一度は超音波」

「月に一度は自己検診、年に一度は超音波」が当院のお勧めする乳がん個人検診です。
乳がん患者さんの7~8割は、ご自身で乳房のしこりに気が付いてから医療機関を受診しており、これほど自己検診が有用ながんは他にありません。
ただし、乳がんの約3割は病変が小さい、深いなどの理由で自己検診では見つけにくく、超音波検査の併用をお勧めします。

自己検診(触診)の方法

生理が始まってから10日目位がお勧めです。
人差し指、中指、薬指の3本の指の腹で、乳房の外側から乳首に向けて、順々にもれなく
滑らせて行います。
お風呂で石鹸をつけると滑りやすく、わずかな違いが分かりやすくなります。また仰向けで
行うのも良い方法です。しこりが触れてもがんとは限りません。まずは受診し診察を受けてください。

費用

しこり、痛みなど何らかの症状がある方には保険適用となり、3割負担で1,050円(検査料金のみの場合)です。
無症状の方や人間ドックなどの検査目的の場合は保険適用外となり、4,240円でお受けいただけます。


PAGE TOP