あきはクリニック

Tel.0250-47-8727|Fax.0250-47-8728

肛門診療

肛門診療

受診方法

予約は不要です。
受付時間内に受診して下さい。

診察方法

診察は、プライバシーに十分配慮し肛門鏡専用の診察室で、カーテンに仕切られたベットで行います。下半身にバスタオルをかけて行い、女性患者様には必ず女性スタッフが立合います。
ハイビジョン肛門鏡で撮影し、終了後に画像をご覧いただきながら結果と治療方針を説明いたします。

よくある痔の種類

【痔核(いぼ痔)】
肛門の静脈の血流が悪くなり、血管が拡張したものが痔核です。肛門の内側にできたものが、
内痔核、外側にできたものが外痔核です。
排便時に脱出したり、出血したり、血栓が形成されて痛んだりします。座薬と内服薬で治療開始するのが原則です。
内痔核が脱出して強い痛みを伴い、元に戻らなくなった状態を嵌頓かんとんといい、早めに整復(元に
押し戻す)が必要です。

【裂肛(切れ痔)】
便秘・下痢・いきみなどで肛門が切れ、痛みや出血を伴います。
座薬と内服薬で治療開始するのが原則です。

【肛門周囲膿瘍と痔ろう】
肛門の奥から細菌が入って、肛門周囲が化膿したものが肛門周囲膿瘍で、強い痛みを伴い
ます。
早めに切開して膿を出す必要があります。
当院では切開しない治療も行っています。
進行すると、肛門部に難治性の痔ろう(トンネル)ができ、血や膿の排出が続き、入院手術が
必要となります。

日帰り手術
日帰り手術が可能かどうかは診察の上、判断させていただきます。種類としては以下のものがあります。

【内痔核輪ゴム結紮術】
粘膜を輪ゴムで縛り、数日間かかってゆっくり切除する方法です。約70~80%の方で有効です(脱出がなくなる、小さくなる)。

【肛門周囲膿瘍の切開排膿】
切開して膿を出し、痛みをとります。
また、超音波で確認しながら注射針で膿を吸引する治療法もあります(切らない手術)。


PAGE TOP