あきはクリニック

Tel.0250-47-8727|Fax.0250-47-8728

内視鏡検査

胃(経鼻・経口)内視鏡検査

予約の方法

事前の診察、検査の説明などが必要ですので、まずは受診していただき、検査日の予約をさせていただきます。ただし、人間ドックの際は事前診察は不要です。
治療中の病気、内服薬などの情報が必要ですので、必ずお薬手帳などをご用意ください。

検査前の注意事項

【食事】

  • ・検査前日の食事は、午後9時までに済ませ、それ以降の食事はしないでください。
  • ・検査当日は水またはお湯は飲んでいただいて構いませんが、牛乳、ジュース、お茶、コーヒーなど色のついた飲み物は飲まないで下さい。

【薬】

  • ・当日朝の内服薬は、朝7時までに服用してください。
  • ・検査のため休薬が必要な薬は服用しないようご注意ください。
受診から検査準備まで

受付後、問診票を記入していただき、その後内視鏡室へご案内します。
検査室では、胃内の泡を消す薬を内服していただいた後、鼻に鼻の通りを良くする薬を噴霧し、局所麻酔薬の入ったゼリーを注入させていただきます。

検査

鼻孔から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸を観察していきます。モニター画像を説明しながら検査を行います。検査中は会話が可能です。
検査時間は5~10分程度、受付から会計まで平均1時間程度です。緊急処置や当日の混み具合などで変動することがありますので、時間に余裕を持ってお越しください。
検査終了1時間後から飲食は可能です。

病理検査について

内視鏡でがんが疑われたり、荒れた粘膜を認めた際には、病理検査のため組織の採取が必要となることがあります。
結果説明のため、後日来院していただきます。

鎮静剤の使用も可能です

初めての内視鏡検査で不安な方や、過去に経鼻内視鏡検査を受けた際に大変辛かったという方は、 鎮静剤という「軽い麻酔薬」の注射を考慮します。これにより、より安楽に検査を受けて
いただくことが出来ます。
ただし、呼吸抑制や血圧低下などの合併症が報告されており、安易な使用は慎むべきとされています。また事故防止のため、鎮静剤を使用した方は当日の運転(自動車、バイク、自転車)はできません。

ピロリ菌検査希望の方は

内視鏡で慢性萎縮性胃炎が認められると、ピロリ菌検査が健康保険を使ってできます。ピロリ菌検査をご希望の方は事前にお申し出ください。

費用

観察だけの場合、保険診療で3割負担の方は約4,000円です。
自由診療では全額自己負担となり19,600円ですが、市町村や会社、健康保険組合などからの
助成額により自己負担額が変わります。
いずれも、病理検査のため組織の採取をした場合は保険診療となり、費用が約10,000円かかります。



大腸内視鏡検査

予約の方法

事前の診察、検査の説明などが必要ですので、まずは受診していただき、検査日の予約をさせていただきます。ただし、人間ドックの際は事前診察は不要です。
治療中の病気、内服薬などの情報が必要ですので、必ずお薬手帳などをご用意ください。

検査前の注意事項

【食事】

  • ・検査前日の食事は消化の良いものを食べ、夕食は午後8時までに済ませ、それ以降の食事はしないでください。
  • ・検査当日は水またはお湯は飲んでいただいて構いませんが、牛乳、ジュース、お茶、コーヒーなど色のついた飲み物は飲まないで下さい。

【薬】

  • ・当日朝の内服薬は、朝5時までに服用してください。
  • ・検査のため休薬が必要な薬は服用しないようご注意ください。

【下剤】

  • ・就寝前にラキソベロン1本をコップ1杯の水に全量入れて服用してください。
  • ・当日午前6時からニフレック2Lを2~3時間かけて服用してください。
  • ・下剤服用後、腹痛や蕁麻疹、気分不快などの症状がみられる場合、下剤を全部飲めない場合、下剤服用後も排便がない場合などは午前8時半以降に当院にご連絡ください
    (TEL 0250-47-8727)。
受付から検査準備まで

受付後、問診票を記入していただきます。
その後、更衣室で検査着に着替えていただきます。
アクセサリー、時計、ヘアピン、眼鏡、入れ歯、下着など金属のついているものは全て外していただきます。
着替え終了後、内視鏡室へご案内し、腸の動きを抑える注射を行います。

検査

肛門から内視鏡を挿入し、大腸の中を観察していきます。
モニター画像を説明しながら検査を行います。
検査時間は15分前後ですが、挿入しにくい場合やポリープが多数ある場合は、さらに時間が
かかることがあります。
受付から会計までは平均1時間半程度です。緊急処置や当日の混み具合などで変動することがありますので、時間に余裕を持ってお越しください。
体調不良がなければ検査終了後から飲食可能です。

ポリープ切除について

切除当日1日分の止血剤を処方することがあります。
出血予防のため、少なくとも2~3日は激しい運動や飲酒を控え、消化の良いものを食べてくだ
さい。仕事は軽作業程度なら大丈夫です。
病理検査の結果説明のため、後日来院していただきます。
ポリープ切除後の合併症として、約2%の確率で切除後の出血が、またそれ以下の確率で大腸 穿孔 ( せんこう ) (腸に穴があくこと)が報告されています。
当院では、これら合併症の予防に努めていますが、万が一このような事態が起こった場合は、
救急車による病院への搬送など適切な対応をさせていただきます。
なお合併症は熟練した内視鏡医でも上記の確率で起こることが知られております。誠に恐縮ですが、当院が注意義務に違反せず適切な対応とった場合には医療過誤とはなりませんので、予めご了承ください。

鎮静剤の使用も可能です

初めての内視鏡検査で不安な方や、過去に大腸内視鏡検査を受けた際に大変辛かったという方は、 鎮静剤という「軽い麻酔薬」の注射を考慮します。これにより、より安楽に検査を受けて
いただくことが出来ます。
ただし、呼吸抑制や血圧低下などの合併症が報告されており、安易な使用は慎むべきとされています。また事故防止のため、鎮静剤を使用した方は当日の運転(自動車、バイク、自転車)はできません。

費用

観察だけの場合、保険診療で3割負担の方は約5,000円です。
病理検査のため組織の採取をした場合や、ポリープ切除をした場合は病理検査と手術料が
追加となり、約10,000〜30,000円かかります。


PAGE TOP